071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜税関



LENS□EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM

デジタル写真のレタッチはどこまで許されるのか?
今まで銀塩写真の世界では、フィルムのセレクト、レンズフィルターの使用、
現像時における焼きこみや覆い焼きなどで写真表現をしていたと思います。
(露出などはデジタルでも同じだと思いますが)
デジタル写真になるとフィルムは無くなり、その時々でカメラの設定を変え
色合いやコントラスト、感度までも自由に選ぶことが出来ます。
それをパソコン上でさらにレタッチしていくわけで‥

デジタルでは何でも出来ます。色合いからシャープネス、
合成なんてオチャノコサイサイ。

たとえば、デジタル写真をパソコンで見ると画像の中にゴミが写ってる。
コレを消すのはOK?
トーンカーブでコントラストの調整、レベル補正、アンシャープマスクは?
これらをマスクを使って適用したら?
最近PhotoShopで出来たレンズフィルターを使うのは?

彩度を上げたり、後でモノクロに変換するのは?
RAWで撮影し、後にゆっくりとパソコン上で補正するのはあり?

どうなんでしょうね?








人気blogランキング←thank you click
banner2.gif
スポンサーサイト

テーマ:【EOS Kiss】
ジャンル:写真

コメントの投稿

secret

top↑

comment

→MINIPOLO 

そうですね、プロの写真家にはプリンターという専属のプロの現像専門の人が付いていると聞きました。
デジタルではそれを素人が簡単に出来てしまうということなんでしょうね。
(その技術や感性は別として..)
でもへたくそな写真をレタッチでいい写真にする技術があれば成り立つんでしょうかねェ。。

→irisomura 

「面白いアングル!」と思ってカメラを向けているとことに
ちょうど船がさしかかりいいシャッターチャンスになりました。

→魔王

自分で納得が出来ればいんでしょうが、
ほかの人に見せたときにどういう評価を受けるか。
難しいです。。

→hiro 

そうですね、レタッチなしで完璧な写真が撮影できればいいのですが。
トリミングですが、銀塩では四角い写真の中で水平垂直は変わらず大きさのみをトリミングするわけですが、
デジタルではこのとき写真の角度を変えてしまうのも簡単に出来てしまいます。
自由度が高い分安易にそれに頼りがちになってしまいます。

ぼくは

最終的には出来上がった写真がいいかどうかで決まっちゃうと思います。オリジナルプリントなんかの場合ですと、そうとう作者の手による味付けがなされるみたいですしね。デジタルではそれが手軽にできちゃうので軽く見られる場合もあるのかと思いますが、でも意図を表現する目的でのレタッチは作品を創るという意味では全く正しいことだと思います。あとはそうやって創った写真で評価が得られるかどうか・・・でしょうかね~?

今は(今も?)レタッチしまくりです。

カメラの操作だけでは思い通りの写真が撮れないもので...(^^ゞアセアセ

今回みたいな写真、結構好きです。
華やかなところと、
地道に生きる男たちの対比みたいな。
これぞ現実っぽくて◎です。

そぉですねぇ自分も加工をするのは少しだけですねぇやはり腕を磨くのが大前提では
ないでしょうか(笑)?でも一番は自分が気に入ればそれでいいのではないでしょうかね(^'^)

難しいテーマです

確かに表現の自由と言えば、それまでかも
知れませんが、やりすぎるのはどうかなと
思います。

基本的にはトリミング程度しかしないので
悩むことはありませんが、より良い作品に
したいと思うとレタッチしたくなるかも
知れません。

かっこいい言い方をすれば、腕を磨くことが
一番の近道なんでしょうが、これが難しい
ですから。

hiro

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

haru

  • Author:haru
  • 茅ケ崎在住です
    CAMERA:CANON EOS 40D
        Nikon COOLPIX7700

    Instagram: http://web.stagram.com/n/andoh331/
     

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。